家電製品もパソコンも電気がなければ動かない!電線にまつわるちょっとした情報を紹介

このサイトは、配線ケーブルでもある電線に関する情報を集めてご紹介しています。
電化製品やパソコンは電気がなければ使うことはできないもので、配線ケーブルは電流を送り込むために欠かすことができない存在です。
一般的に、ケーブルが太くなることで伝達可能な電流が変わるけれども、これは太さだけでなく銅線の素材にも関係してくる部分です。
また、被覆部分は絶縁能力により違いがあることにも増えているため参考されると良いでしょう。

家電製品もパソコンも電気がなければ動かない!電線にまつわるちょっとした情報を紹介

電線と聞くと鉄塔の上に配線されてるケーブルをイメージされる人も多いかと思われますが、電線とは被覆内にある銅線で電気が流れる線を意味するものです。
配線ケーブルは、電線の周りに被覆を取り付けたもので露出していないのでケーブルを触っても感電することはないですが、被覆が裂けてしまって露出しているときは感電のリスクがあるので速やかな新しいものに交換することが事故を未然に予防するコツになりますし、コードを束ねることで被覆が裂けやすくなるなど真っすぐな状態で使うことも大切です。

電線は電気を伝達するために使うすべてのケーブル

電線というと電柱の間と間を通っている太い複数の線が思い浮かべられますが、基本的には電気を伝達するものすべて、端的にいえば電源に関連するケーブル全般となるのではないでしょうか。
電線はコンセントのように着脱できるものについては、曲げ伸ばしが必要なので柔らかくて曲げ易い撚線のケーブルが用いられています。
一方、曲げ伸ばしが不要で固定して使う壁内部の配線に関しては、太い針金のような単線が用いられます。
電線というのは、交流の電源に用いるものも、ACアダプターからDCに供給する線にも当てはまります。
USBのように、電源線を含む通信線も電線と呼ばれることが多いです。
いずれにしても、電圧や電流量の違いはあれど電気が流れるので、導線が絶縁体に包まれていて漏電しないようになっている構造は共通です。
太さや硬さの違いは撚線の本数や被覆の材質、厚みや内部構造によるところが大きいですが、電圧が高くて電流量が多いほど、太く硬くなる傾向なのは確かではないでしょうか。

電線の構造は導線と絶縁被覆でできている

電気が流れる電源ケーブルなどの電線は、その構造がどうなっているのか知りたいものではないでしょうか。
電気を流すことが目的なので、当然ながら内部には導線がありますし、素材は多くの場合コスト的にも伝導率的にも優れる銅が使われます。
ただ導線のみだと電線から漏電したり、感電する恐れがありますから、周囲を絶縁被覆で覆う構造となっています。
絶縁被覆は名前の通り電気を流したり漏らさない絶縁体のことで、電線の信頼性を高める導線を保護する役割りを担っているのが特徴です。
電線の太さや曲げやすさは、導線と絶縁被覆の材質や厚みによって大部分が決まるので、同じ太さでも違うことがありますし、太いものより細いものの方が曲げにくいというケースも珍しくないです。
いずれにしても、絶縁被覆のおかげで安全に電源ケーブルを使うことができたり、漏電を心配せずに信頼して使用できているのは確かです。
電源ケーブルに限らず、内部がどうなっているのか興味を持つのは大切なことですし、理解が深まればより安全な正しい使い方ができるようになるのではないでしょうか。

電線は金属でできているので思ったよりも重い

"

電線は文字通り、電気を通すために加工された設備です。
線のように細く作られていますが、見た目に反して重さがあるので取り扱いには注意が必要です。
電線が細い形状でありながら重量があるのはその多くが金属で作られているためです。
金属は電気をよく通す性質があるため、古くから電線の材料として使われていました。
当初は鉄やアルミニウムなど種類も多彩でしたが、現在では屋外で使われる電線のほとんどに銅が使われています。
銅は電気を通しやすく、空気に触れても酸化しにくいうえ、塩分にも強いことから優れた素材として多用されています。
一方で銅は比重が約8.5と高く、非常に重たい物質であることも事実です。
広く普及している鉄の比重が約7.8なので、この点を見ても銅は重量のある物質と言えるでしょう。
加工技術の進歩によって非常に細く加工できるようになった銅ですが、比重そのものは変わらないことから見た目に反して重みのある物質というイメージが生じました。

"

通販なら電線の大量購入も楽にできる

電線というと一般的にそれほど大量に使う機会はありませんが、通販であれば大量購入できるのは確かではないでしょうか。
電線は電子工作だったり、家電の電源ケーブルの修理など、実は様々に活用できる目的があります。
大抵は1m単位での切り売りの販売ですが、100m単位のドラム売りも通販なら珍しくないです。
ドラム売りとはケーブルを巻きつける電線ドラムに、1本の長いケーブルを巻いた状態で売られているものです。
メーカーはこの形状で出荷するケースが大半ですから、お店の仕入れはこの状態で入荷となり、必要に応じて切り売りしています。
つまり大量購入ができるのは当然のことで、在庫があれば100mどころか500m、1000mの購入も夢ではないです。
沢山あっても使い切れなければ本末転倒ですが、消費量が多くて在庫が切れると不安という場合は、100m以上の購入をおすすめします。
一種のまとめ買いにあたるので、1m単位の切り売りよりも安い単価で購入できるのではないでしょうか。

電線に関する情報サイト
電線に関する情報サイト

このサイトは、配線ケーブルでもある電線に関する情報を集めてご紹介しています。電化製品やパソコンは電気がなければ使うことはできないもので、配線ケーブルは電流を送り込むために欠かすことができない存在です。一般的に、ケーブルが太くなることで伝達可能な電流が変わるけれども、これは太さだけでなく銅線の素材にも関係してくる部分です。また、被覆部分は絶縁能力により違いがあることにも増えているため参考されると良いでしょう。

Search